720 プロ野球始まってます!

プロ野球も始まってます!

 

こんにちは上野です( ´∀`)

先日、私は早速ですが所沢のベルーナドームへ観戦しに行ってまいりました。

さらに大宮公園で開催されたゲームも観戦。

 

一昔前は関東に住んでるとテレビをつければナイターで巨人戦が放映されていました。

野球少年だった私は、テレビ埼玉のライオンズナイターを楽しみにしていた記憶があります。うちの家族は珍しく姉以外は野球を見ることを嫌がらない家族で、最終的には姉も現ライオンズ監督の松井選手のファンになり家族全員、野球を見るような家でした。

 

今は、野球を見ようと思ったら月額500円くらい払って見ないといけない時代ですね。

 

さて、そんな巨人好きナイタービールオヤジの皆様はいちいちこのブログを見なくても大丈夫でしょうが、特に普段野球を見ることがないあなた!

散々このブログでは野球を題材にしていますが、今回も野球の見方をお伝えします。

 

 

日本のプロ野球

 

先日は、メジャーリーグのお話をしましたが、日本のプロ野球もおもしろいです。

日本のプロ野球は全国に12球団。セントラルリーグとパシフィックリーグの2リーグがあり各リーグ6球団ずつです。

 

セリーグは

読売ジャイアンツ(東京ドーム)

阪神タイガース(阪神甲子園球場)

中日ドラゴンズ(バンテリンドーム)

広島東洋カープ(マツダスタジアム)

横浜DeNaベイスターズ(横浜スタジアム)

東京ヤクルトスワローズ(明治神宮球場)

 

パリーグ

福岡ソフトバンクホークス(PayPayドーム)

オリックスバファローズ(京セラドーム)

埼玉西武ライオンズ(ベルーナドーム)

千葉ロッテマリーンズ(ZOZOマリンスタジアム)

北海道日本ハムファイターズ(エスコンフィールド)

東北楽天ゴールデンイーグルス(楽天モバイルパーク宮城)

 

メジャーリーグの観戦方法は至ってシンプルで球場でご飯などを食べながら野球を楽しむというもの。

いいプレーが出たら歓声をあげ、贔屓チームが勝てば喜ぶ。

 

日本はその贔屓チームという意識が強く、とにかく球場で応援しまくるスタイルです。

応援団なるものが結成されていて、選手の応援歌やチャンスの時のテーマ、掛け声などをみんで行うというのが日本のスタイル。

ちなみに、小学生からこのスタイルなので、小学生はチームの皆んなと応援し、高校になれば吹奏楽部や同級生などが一緒になって応援してくれたりしますね。

 

日本のプロ野球でも、応援団が陣取って声を出し応援するのは外野席で、内野席はメジャースタイル。

ですので応援とかしたくないなという場合は内野席に座るのをおすすめします。(僕も内野席派です)

 

楽しく見る方法の1つとして贔屓のチームを作るのがおすすめ。

結局はスポーツですので、どこが一番強いかを競うゲームなので贔屓チームが強いか弱いかというのが最大の焦点になるということです。

基本的には出身地のチームだったり、何かしら縁がある地域のチームを応援するのが一般的ですよね。

大阪の人が阪神ファンであるように、東京の人は巨人ファンが多いのかもしれません。

ちなみに地方別ファン多いだろうの表です。(上野作)

 

北海道→日本ハム

東北→楽天、巨人

北関東→巨人、西武

南関東→巨人、DeNA、ロッテ、ヤクルト

北信越→巨人

東海→中日、巨人

近畿→阪神、オリックス

中国→広島

四国→広島、阪神

九州→ソフトバンク

 

基本的にフランチャイズがある地域はその球団を応援する傾向にありますが、特にないと東日本は巨人、西日本は阪神、九州はソフトバンクを応援するっぽいですね。

人口が集中する関東と近畿では埼玉の西武と大阪のオリックスは完全に巨人と阪神の勢いに負けています。

ちなみに私が昔からのファンである埼玉西武は本拠地が所沢という埼玉の最西端といってもいいくらいのところへ位置し、埼玉の中心である大宮、浦和などからは割と離れた位置にあります。

そのせいもあり長らく西武=埼玉という意識が薄く、最近になってようやく西武の前に埼玉をつけたり、各市町村とフレンドリーシップなるものを締結させたりと地域密着の施策を進めています。

 

とはいえファンはファンですから、どんなきっかけでファンになるかわかりませんし、私の姉は松井稼頭央選手がカッコいいからという理由でライオンズを応援していました。(弟2人がライオンズファンですし)

 

というわけで、野球を楽しく見る方法はまずは、映像で野球を見てみよう!

そして、ルールなど簡単に把握しよう!

カッコいい選手を見つけよう!

球場に行って雰囲気を味わおう!

 

の順番でやると、初めて行った球場の本拠地のチームを応援しよう!なんてことになるかもしれませんね。

埼玉県民なら東京ドームやベルーナドーム、神宮球場でしょうし、大阪に住んでいれば甲子園か京セラドームが行きやすいでしょう。

 

というわけでぜひ楽しく日本のプロ野球も観戦してみてください!

それでは!

 

 

 

著者

=======================================================

美脚美尻美姿勢を丸ごと手に入れる
美筋トレ専門パーソナルトレーナー

 

 

 

上野 喜貴(うえの よしたか)

埼玉県坂戸市出身

3人兄姉の長男として生まれ、幼少期から野球を始める。プロを目指し日々練習に取り組むが断念。

肘をケガした経験や、より多くの方にスポーツを楽しんでもらいたいという想いからスポーツトレーナーの専門学校へ進学。

続きはこちらから

=======================================================

 

パーソナルトレーニングジムくるり LINE登録は↓↓

友だち追加

インスタグラムは↓↓

くるりのキャンペーン情報は↓↓
会社の健康を考える社長様は↓↓

関連記事

  1. 713 メジャーリーグの楽しみ方

  2. 716 高校野球

トレーナー紹介



パーソナルトレーナー

上野 喜貴(うえの よしたか)
代表挨拶

健康運動指導士
スポーツプログラマー
レズミルズジャパン認定インストラクター

LINE公式アカウント

友だち追加

公式YouTubeチャンネル

  1. 2024.05.24

    732 ダンサーと対談してきました

  2. 2024.05.22

    731 ラジオ出演中!

  3. 2024.05.20

    730 自分が健康になるには教える側に回ればいい

  4. 2024.05.18

    729 ふくらはぎを細くする方法

  5. 2024.05.13

    728 代謝が上がるってどういうこと??