728 代謝が上がるってどういうこと??

代謝が上がるってどういうこと??

 

こんにちは上野です( ´∀`)

よく言われますよね〜、代謝を上げろ!って。

そもそも代謝ってなんやねん!

って思う方もいらっしゃると思いますし、なんとなくわかっているという方もいらっしゃるでしょう。

ということで今日は代謝についてお伝えします。

代謝とは何か?そして代謝を上げる方法とは??

 

代謝とは?

 

簡単にいうと体内で起こる化学反応のことです。

代謝には物質を合成する同化、物質を分解する異化、エネルギーを作り出すエネルギー代謝といいます。

エネルギー代謝には基礎代謝、活動代謝、食事誘導性熱代謝の3つがあります。

 

エネルギー代謝

 

そんな中で、私たちが代謝を上げろ上げろと叫んでいるのはこのエネルギー代謝のことです。

簡単にいうとエネルギーをいっぱい作り出すことになります。

ですから、代謝を上げるとエネルギーがたくさん使われて体脂肪が減ったり、運動をすることで代謝を上げた場合は運動能力が向上するという効果があります。

 

基礎代謝

 

代謝には基礎代謝、活動代謝、食事誘導性熱代謝という3つがありますが、すぐに上げられて、尚且つ総エネルギー代謝のうち9割程度が基礎代謝と活動代謝になるため、基礎代謝と活動代謝を上げることにフォーカスするのが望ましいでしょう。

活動代謝を上げるにはその名の通り、活動量を増やせばいいのです。

活動量を増やすのに一番シンプルなのはズバリ運動で、とにかく運動量を増やせば活動代謝が上がります。

ですが実は、総エネルギー代謝のうち実に6割程度が基礎代謝が占めます。

 

ですから基礎代謝を増やすことで代謝が上がったと言えるでしょうし、一般的には代謝を上げるということは基礎代謝を上げるということになります。

 

基礎代謝とは生命活動維持に必要最低限のエネルギー消費のことで、1日使うエネルギー量のうち60%を占めるので、これを上げるのがダイエットや太りにくい体を作るポイントになります。

 

基礎代謝の大部分は筋肉量の多い少ないに起因しており、多い方は高く、少ない方は基礎代謝も低くなってしまいます。

つまり基礎代謝を上げるには筋肉量を増やすことが求められます。

 

 

代謝を上げる方法

 

基礎代謝を上げるには筋肉量を増やすこと。

筋肉量を増やすには筋トレと必要量の栄養を摂取することです。

一番筋肉が上がりやすいのは体重を増やすことです。

まずは筋肉量を増やすことを目標に筋トレと栄養摂取を行い、後からいらない体脂肪だけを減らすという方法が筋肉量を増やすのに一般的な方法になります。

そうなると基礎代謝が高いまま体脂肪が絞れるのでダイエットも成功するし、太りにくい体へと変貌していきます。

 

代謝が悪いと

 

逆に代謝が低いとどうなるか?

使うエネルギーが少ないということなので、使われなかったエネルギーが体脂肪として蓄えられます。

同じ量の食事をしていて、同じような活動量なのに私はどんどん太ってしまうという場合は、代謝が低い可能性があります。

そのように代謝が悪いせいで太りやすくなってしまうのです。

体重が減ると基礎代謝は減るので、食べないダイエットや食事だけをコントロールしたダイエットは著しく筋肉量を落とす結果になるので、一時的に体重が減っても代謝が悪い状態にあるので太りやすくなり、リバウンドしやすくなるという寸法です。

 

まとめ

 

代謝とはエネルギーを作り出したり、色々なものへ変換したりする化学反応のことで、一般的に代謝いい悪いというのはエネルギーを使うことであるエネルギー代謝のことを指します。

エネルギー代謝には基礎代謝、活動代謝、食事誘導性熱代謝の3つがあり、そのうち基礎代謝と活動代謝が大部分を占めます。

すなわち、代謝をあげようと思ったらこの2つを上げるのがポイントになります。

そして基礎代謝は筋肉量に比例するので、筋肉量を増やすことで代謝を上げることができます。

逆に体重を落とし、筋肉量が減ってしまうと代謝が悪くなりエネルギーが余ってしまい体脂肪が増えやすくなります。

そのためリバウンドを起こしやすい体になってしまうので、食事制限だけのダイエットはNGで、一緒に筋肉量をアップしていきましょう。

という話でした!

それでは!

 

 

 

著者

=======================================================

美脚美尻美姿勢を丸ごと手に入れる
美筋トレ専門パーソナルトレーナー

 

 

 

上野 喜貴(うえの よしたか)

埼玉県坂戸市出身

3人兄姉の長男として生まれ、幼少期から野球を始める。プロを目指し日々練習に取り組むが断念。

肘をケガした経験や、より多くの方にスポーツを楽しんでもらいたいという想いからスポーツトレーナーの専門学校へ進学。

続きはこちらから

=======================================================

 

パーソナルトレーニングジムくるり LINE登録は↓↓

友だち追加

インスタグラムは↓↓

くるりのキャンペーン情報は↓↓
会社の健康を考える社長様は↓↓

関連記事

  1. 723 朝食抜きはだめ??

  2. 712 くるりの減量法って?

  3. 681 16時間ダイエットはいい??

  4. 672 リバウンドしそうな時の対策

  5. 669 ダイエットは何をやるか?じゃなく何をやらないか!

  6. 677 筋トレしないとどうなるの?

トレーナー紹介



パーソナルトレーナー

上野 喜貴(うえの よしたか)
代表挨拶

健康運動指導士
スポーツプログラマー
レズミルズジャパン認定インストラクター

LINE公式アカウント

友だち追加

公式YouTubeチャンネル

  1. 2024.05.24

    732 ダンサーと対談してきました

  2. 2024.05.22

    731 ラジオ出演中!

  3. 2024.05.20

    730 自分が健康になるには教える側に回ればいい

  4. 2024.05.18

    729 ふくらはぎを細くする方法

  5. 2024.05.13

    728 代謝が上がるってどういうこと??