735 フルマラソンにチャレンジ??

フルマラソンにチャレンジ??

 

こんにちは上野です( ´∀`)

僕はしませんが・・・

くるりに通っていただいているお客様で、今年の群馬マラソンにチャレンジするという方がいらっしゃいます。

 

当初からマラソンをやっていたわけではなくて、今年初めてハーフマラソンを走り、そして11月のぐんまマラソンに出場するという強者です。

 

というわけでそんなあなたもランナーに??

 

フルマラソンへのチャレンジの仕方をお伝えします。

 

 

フルマラソンとは

 

ご存知の通り、フルマラソンとは陸上競技のロード種目と呼ばれるもので、42.195kmを走ってタイムを競う競技です。

市民マラソン大会からオリンピックまで幅広いレベルでレースが開催されているので気軽に競技を楽しめるものになります。

 

大会に出るには

 

大会に出場するには物理的には大会を選んで申し込めば出場できます。笑

もちろん勇気と練習が必要なので気軽には申し込めないのは重々承知しております。笑

大会の選び方として、各地で大会が開催されていますが、フルマラソンともなると交通規制が長かったり、参加者を多く募らないと運営できないため規模が大きくなります。

 

関東でいえば

11月 ぐんまマラソン(群馬)大田原マラソン(栃木)つくばマラソン(茨城)

12月 湘南国際マラソン(神奈川)  

2月  さいたまマラソン(埼玉)

3月  東京マラソン(東京)古河はなももマラソン(茨城)板橋シティマラソン(東京)

4月  かすみがうらマラソン(茨城)

 

有名どころでいえばこんなところですが、全体のマラソン大会の数に比べてかなり少ないです。

ですが、割とどの大会を選んでも規模が大きく、運営もしっかりしているため出場しやすい大会となっています。

 

他には、制限時間の長さも関係してきます。

ハーフマラソン等で2時間前後で走れればフルも5時間程度では走れるので6時間、7時間の制限時間があれば問題ないでしょう。

ハーフマラソンで3時間かかるという方は、まずはハーフで2時間程度で走れるようになってからエントリーする方がよりフルマラソンを楽しむことができます。

 

いつ出るか?

 

先ほどちらっと言いましたが、初めてロードレースの大会に出るという方はフルマラソンを選ばない方が無難です。理由はなんとなくわかると思います。笑

ハーフマラソンを走って2時間程度で走れるようになればフルでも5時間台でゴール出来ますのでまずはそこを目指しましょう。

ちなみに私は初めてのロードレースがかすみがうらマラソンのフルでした。笑

あの頃は若かった!笑

 

ですので、フルマラソンにいつ出るかと言われたら、まずは練習してハーフマラソンのレースに出て、2時間前後で走ることが出来たら、いよいよ次のシーズンでフルにチャレンジする!

という流れがいいでしょう。

 

どんな練習をすればいいか?

 

正直な話、ハーフマラソンに出るにはまずは走ってみて、1ヶ月に何回か走って、10キロや15キロと距離を増やしていって、一回か二回は20キロ走をゆっくりでいいから走ってみましょう!

ってな感じでも完走することは可能でしょう。

しかし、フルはそうはいきません。

 

ペースを守って走るペース走、長い距離をゆっくり走るLSDなど割と目的を持ってきちんと練習して、月間の走行距離も100km以上くらいになるようにした上で、30キロ走などを取り入れて準備をしないと、仮に完走できても、もう2度と走りたくないという気持ちに20キロ過ぎたくらいから家に帰るまでなります。

 

レースの3ヶ月いや半年くらい前から計画的に練習とトレーニングを取り入れて、体づくりにも力を入れないといけません。

 

 

まとめ

 

フルマラソンは20キロを超えるともう辞めたいと1キロごとに思いますし、30キロを超えると途中棄権した時の言い訳を考えるようになります。

35キロではあと5キロと思い続けていたのに7キロあることに気づき愕然とします。

40キロではもう少しだから頑張れるだろうという外野の声をよそにもうタイムなんてどうだっていいからゴールだけはしようという少しのポジティブな気持ちが芽生えます。

上記はあくまであまり練習をしなかった場合の感情で、練習のレベルを上げればあげるほど、タイムや順位などへ気持ちが向き、苦しいだけじゃないという事になりますので、フルにチャレンジするという方はぜひ練習をしましょう!

それでは!

 

 

 

著者

=======================================================

美脚美尻美姿勢を丸ごと手に入れる
美筋トレ専門パーソナルトレーナー

 

 

 

上野 喜貴(うえの よしたか)

埼玉県坂戸市出身

3人兄姉の長男として生まれ、幼少期から野球を始める。プロを目指し日々練習に取り組むが断念。

肘をケガした経験や、より多くの方にスポーツを楽しんでもらいたいという想いからスポーツトレーナーの専門学校へ進学。

続きはこちらから

=======================================================

 

パーソナルトレーニングジムくるり LINE登録は↓↓

友だち追加

インスタグラムは↓↓

くるりのキャンペーン情報は↓↓
会社の健康を考える社長様は↓↓

関連記事

  1. 694 正月は箱根駅伝を見てモチベアップ

  2. 718 本庄こだま千本桜マラソンに出てみた

  3. 705 マラソンを楽しく見る方法③

  4. 703 マラソンを楽しく見る方法

  5. 704 マラソンを楽しく見る方法②

トレーナー紹介



パーソナルトレーナー

上野 喜貴(うえの よしたか)
代表挨拶

健康運動指導士
スポーツプログラマー
レズミルズジャパン認定インストラクター

LINE公式アカウント

友だち追加

公式YouTubeチャンネル

  1. 2024.06.20

    738 プロテインは毒か??

  2. 2024.06.11

    737

  3. 2024.06.10

    736 自己流でも結果は出せる??

  4. 2024.06.07

    735 フルマラソンにチャレンジ??

  5. 2024.06.03

    734 6月もスポーツ