643 ダイエットとは健康になること!

ダイエットとは健康になること!

 

ダイエット専門ジム!と謳っていますが、昨今の日本はダイエットでキレイに身体をみせる!

も大事だし、その目的の方も多いですが、より多くなっているのが「健康」というキーワード。

 

今日はダイエットがどう健康につながって、健康になぜ筋トレがいいのかお伝えします。

 

こんにちは!

代表の上野です( ´∀`)

ダイエット、要するに体脂肪を減らして身体をキレイにみせよう!という行動です。

しかし、それだけじゃなく、健康になるということにも筋トレやダイエットが必要になります。

 

ダイエットが健康に必要な理由

 

パーソナルジムに来る方の年齢層ってどれくらいだと思いますか?

20代や30代、40代の方が多いんじゃないの?

って思いませんか?

 

実際には40代、50代、そして60代の方が多いです。(埼玉北部地域)

そのくらいのお客様の目的はキレイになりたい、着れなかった洋服が着たいということももちろんですが、健康を維持したい、体力を落としたくない、むしろ向上させたいという目的で来られる方が多いです。

 

そもそもダイエットをしないとどんなリスクがあるか?

 

いわゆるメタボリックシンドロームと呼ばれる肥満でやばいよーという状態(色々な規定の数値があります)になると生活習慣病になるリスクが上がるよってなります。

 

では生活習慣病って何?

 

高血圧とか高脂血症、糖尿病などですよね。じゃぁ高血圧になるとなんなの?

実は高血圧の時ってどこそこが痛いとか、苦しいとか何か制限があるとかというのは基本的にありません。

今まで通り生活ができます。よほどじゃない限りなーんもないのです。

では何がいけないかというと、高血圧や高脂血症などになると心筋梗塞や脳梗塞など命に関わる病気に直結します。

日本人の死因のランキングの1位ががん、2位が心筋梗塞、3位に肺炎、4位に脳卒中(脳梗塞など)と高血圧などになっていると死んでしまう確率がぐんと上がるし、仮に死んでしまわなくても、不自由を強いられる可能性が高くなります。

 

年齢が上がったら何かしらの病気や怪我など不自由な生活になるよね!というのを受け入れるなら問題ないかもしれませんがそれはリスクを下げることが出来る!それがダイエットというわけです。

 

 

意識改革

 

私は30代後半なのですが、正直な話、自分は筋力が衰えたり体力がなくなったりはしない!って思っていました。

しかし、30代になって明らかに20代より体力が落ちました。

パワーもなくなっていると感じます。

何より一番嫌なのは運動やスポーツにおいておじさん扱いされるのが我慢できません。

もうすぐ40歳だから動けなくて普通だよねとか、マラソンで遅くて当たり前だよね。ってなりたくないのです。

おそらく、みんな40代でも50代でも動いたり旅行行ったり、遊んだりしたいと思っているはずです。

だけど普通は衰えるからいいよね、めんどくさいし。

この意識を変えないといけません。

普通であって理想ではないっていうことです。

 

解決方法

 

もちろんダイエットをすることなのですが、ダイエットといえども体重が少ない方は体脂肪を減らす必要はありません。

ただいずれにしても筋トレと栄養、休養をきちんとやることで維持増進することが出来るのです。

 

こんな事例がありました。

先日いらっしゃったお客様で30代前半の方。

てっきりダイエットをしたい、痩せたい、キレイになりたいと思って来られたのかなと思っていましたが、お会いしてみるとほっそりした可愛らしい女性でした。

 

そんな彼女の目的は、体力の衰えがあり、今後の人生において仕事などをしていく中で、体力がなくなって行動範囲が狭まったりメンタルが弱くなりたくない!だから体力、筋力、メンタル力を上げたいとのことでした。

 

30代前半でこのような意識になる方は少ないですが、素晴らしい考えです。

くるりでダイエットが終わった後も継続してくれる方がたくさんいらっしゃいます。

その方々は皆さんその考えで継続してくれています。

ですからリバウンドせずにキレイな身体、体力、健康を維持しながら人生を歩んでいけているんじゃないかなと思います。

 

筋トレ、運動、そしてダイエット、ぜひ取り入れてみてください。

 

著者

=======================================================

美脚美尻美姿勢を丸ごと手に入れる
美筋トレ専門パーソナルトレーナー

上野 喜貴(うえの よしたか)

埼玉県坂戸市出身

3人兄姉の長男として生まれ、幼少期から野球を始める。プロを目指し日々練習に取り組むが断念。

肘をケガした経験や、より多くの方にスポーツを楽しんでもらいたいという想いからスポーツトレーナーの専門学校へ進学。

続きはこちらから

=======================================================

 

パーソナルトレーニングジムくるり LINE登録は↓↓

友だち追加

インスタグラムは↓↓

くるりのキャンペーン情報は↓↓
会社の健康を考える社長様は↓↓

関連記事

  1. 104 トレーニングの回数は何回が正解??

  2. 342 ダイエットをすると免疫力が上がる!?

  3. 78 ダイエットのために鍛える部分とは?

  4. 470 水だけでダイエットはOK?

  5. 84 早く結果を出すには?

  6. 251 ダイエットにはイカが最強説!!

トレーナー紹介



パーソナルトレーナー

上野 喜貴(うえの よしたか)
代表挨拶

健康運動指導士
スポーツプログラマー
レズミルズジャパン認定インストラクター

LINE公式アカウント

友だち追加

公式YouTubeチャンネル

  1. 2024.05.24

    732 ダンサーと対談してきました

  2. 2024.05.22

    731 ラジオ出演中!

  3. 2024.05.20

    730 自分が健康になるには教える側に回ればいい

  4. 2024.05.18

    729 ふくらはぎを細くする方法

  5. 2024.05.13

    728 代謝が上がるってどういうこと??